200709  歩

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
暗転

他人の傷み解らぬ彼方
その一言が...
どれだけの威力を発揮したか
今に...
思い知るでしょう

傷みを知らずに手に入る
幸せなど有り得ない
気付いても...
取り返しはつかない

己の不甲斐無さに
苦しみ嘆きなさい
誰も同情しない
無言で冷ややかに眺める

己の傲慢な仕打ちに
酔いしれるが良い
全てを失って...
手に入れた幸せに... 

Copyright(C)2007 minamo
時を刻む

秒針が時を刻む
少しずつ少しずつ
確実に...

想い出も一緒に
刻み込む...
少しずつ少しずつ
しっかりと...

幸せな時...
哀しい時...
優しい時...
淋しい時...

秒針の時は正確に
想い出を刻む
忘れないように...

全てを見透かして
秒針は刻み込む
静かに...
穏やかに...
何事も無かったように

Copyright(C)2007 minamo

いつわり...

いつわりの言葉が 飛び交う
右左 上下...
惑わされるモノ...
怪しむモノ...
信じるモノ...
入り乱れ...
  
それぞれの思惑が...
いつわりの言葉と共に...
暗闇へと誘う...
いつわりの世界へと...

Copyright(C)2007 minamo

ラビリンス

暗闇...
奈落...
ラビリンス
見付からない出口
捜す気力も無く
彷徨い...
漂う...
儚い思念

暗闇...
奈落...
ラビリンス
繰り返す...

出口の無い
思考の欠落...

Copyright(C)2007 minamo


空に独りぼっちで浮かんでる
あの雲は ワタシ?
一直線に伸びた軌跡の
飛行機雲は ナニ?

ポチポチ浮かんでる
鰯雲は コトノハ?

ワタシは飛行機雲にはなれない
鰯雲にもなれない
はぐれ雲にしかなれない

Copyright(C)2007 minamo
夢.....

儚く消え去る想い
優しく包む想い
激しく揺さぶる想い
甘く刹那い想い

夕暮れに見る夢は
甘く刹那く...
どこかほろ苦い...

陽だまりで見る夢は
儚く優しく...
どこか甘すっぱい...

見る夢は幾多あれど
残る夢は無く...
想いだけが...
走馬灯のように
行き過ぎる...

切り取って...
心のアルバムに焼き付ける

素直な想い...
優しく儚い想い...
大切な心のアルバムに

まるで季節みたいに
通り過ぎる夢...夢...

想いだけを残して
儚く通り過ぎる

Copyright(C)2007 minamo
かけら

想い出のかけら
拾い集める...

陽だまりの中
土砂降りの雨の中
木漏れ日の中
木枯らしの中

一年の想い出
いっぱい抱えて

時間の狭間と
距離の狭間...

走馬灯のように駆け巡る
想い出の饗宴...

心のアルバムに...
そっとしまい込む
刹那い想い...
やさしい想い...

過ぎ去る日々を想い
来たる日々に想い馳せる

夢の頃...
訪れるときまで
心にしまい込み

過ぎ去りし 日々懐かしく
かけらと共に...
しばし まどろむ...

Copyright(C)2007 minamo
トラウマ

繰り返し来る
トラウマ
乗り越えた
その想いが
打ち砕かれる
このまま消え去りたい
このまま貝になりたい

深海に身を潜め
深海と一緒に
深い眠りにつきたい
トラウマと逢わないように

逃げるのではなく
トラウマに勝つ為に
深海に堕ちて行く
静かに穏やかに
ゆっくりと...
道連れは時間だけ

ゆっくり...
静かに...
深く...深く...

Copyright(C)2007 minamo
Hearsay

サラサラと崩れ
砂上の城
風の街は・・・
胡散霧散に消え果て
Dream out

砂上の城
宴の名残を留めず
崩れ去る

残りし面影
今は虚しく
過去を語る吟遊詩人
何を謡う

砂上の城
消え果てた風の街
華やかなりし過去の宴

虚しく響く
吟遊の詩
 
風がはこぶ
遙かな想い...
残りし城跡
静かに翳る

Copyright(C)2007 minamo
去り逝く...

抱えきれない
想い出が...
とめどなく溢れる

繰り返す...
想い出たち...

季節が巡り
想いがもどる...

やさしい想い
刹那い想い

全てをのみこんで
なお伝える想い
心に染み込み
泪する...

ありがとう...
また出逢いたい...
忘れないよ...

Copyright(C)2007 minamo
青空

高き蒼の彼方に
漂う白い雲

遥か昔に...
羽ばたいた空
目映く輝き
蒼を深める...

灰色の彼方...
漂う雲なく
虚ろに彷徨う

高き蒼に...
つばさ拡げ
想い見上げる

果て無き想い
高き蒼にかかげ
白い雲に...
心やすらぐ

色褪せぬ蒼に...
逸る想い
明るさ溢れ
胸ときめく...

遥か彼方...
想いはせる...
高き蒼と白き雲

Copyright(C)2007 minamo
おとこなんて!



 Copyrightc 2006 kansei.ibuki. All rights reserved.